MEMBER'S BLOG
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Heart and Crime
Heart and Crime (JUGEMレビュー »)
Julie Doiron
男前ですね。女性かもしれませんが。
RECOMMEND
Secrets
Secrets (JUGEMレビュー »)
HERBIE HANCOCK
夏ですね
RECOMMEND
RECOMMEND
全曲集
全曲集 (JUGEMレビュー »)
梶芽衣子, 伊藤俊也, 菊池俊輔, 小池一雄, 竜崎孝路, 阿久悠, 吉田旺
あんまり売ってないみたいです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アートする衝動
先日、何の気なく立ち寄った地元の居酒屋さんの水槽です。カレイとかフグが泳ぐ水槽になんとモアイが!!私達が知っているモアイは南太平洋の孤島イースター島にあり、その重さは平均約20トン。高さは3.5〜4.5メートル、同じ方向を向いたモアイの列の様子から、宇宙船の滑走路かもしれないと想いを巡らせるのが、私達の持つモアイのイメージです。水槽の中にモアイが居るなんて、みんなのモアイイメージをこの水槽は見事に破壊してくれました。この水槽を作った人は既存のイメージを打ち破るというアートの初期衝動をきちんと具現化した人ですね。この水槽から何を私達は新たに想像することが出来るでしょうか?この水槽を見たとき、にわかに想像出来なかった自分の想像力の無さを思うと、僕はこの水槽に「負けた」という感想を述べなければならないのかもしれません。絶句!!
| ただの日記 | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
大阪ミナミ芸術祭
先日、13日まで開催されてました大阪ミナミ芸術祭を見てきました。
 といってもミナミの「LOFT」近辺のみでしたが、友人の大西くん森くんの作品がJOYSOUNDに展示してあるということでそちらをまずはお目当てに。。。二人とも味のある手書きの作品を展示されておりました。二人はユニットで活動されてまして、wallペインティング・Tシャツデザイン等幅広く手がける注目のアーティストです。ユニット名は「saket」。名前の由来は。。。調査中です。
 その後、隣のソニータワーへちょっと寄り道しましたところ、現代美術二等兵なるアートユニットの作品が面白く印象に残りました。「駄美術」というコンセプトを掲げておられるようで、高尚なイメージの美術品というよりも、見る人が単純に楽しめる作品を制作されてます。コンセプトは「美術界の駄菓子的な存在」との事です。こけしの鉄アレイや、熱湯甲子園(「PL」とモザイク文字が施されたタイルの浴槽)とった作品が展示されてました。
 中でも笑ってしまったのが、「よっちゃんイルカ」あの小型のポリバケツの中にまさに串刺しで、ちっこいイルカが酢漬けにされて朱色になっておりました。
 独りで笑いをこらえていると後方からなにやら「ええ声」が。。。ん?「ええ声」?おもむろに振り返るとなんとそこには「岡けんた」さんが!!しかもオシャレ!!何故オシャレな「岡けんた」さんが駄美術を鑑賞しているのでしょうか!?それもそのはず、「岡けんた」さんは現代美術マニア。確か「日曜美術館」にゲスト出演されてたような気がします。あと、風の噂で聞いたことがあります。腑に落ちたような落ちなかったようなサプライズを頂きまして、コテコテなにわアートを満喫日曜日っ!!
| ただの日記 | 03:21 | comments(6) | trackbacks(0) |
肥えてきました
どうもアゴのあたりのラインがぽっちゃりしてきたような気がします。
外食ばかりやと肥えますね。
昨日やたら「がっちりしてる」と言われたのですが、
膨張色のシャツを着ていたからだけでは無いハズ。
| ただの日記 | 02:36 | comments(1) | trackbacks(0) |
おかえりなさいよしこちゃん2
先日ナゾブメンバーのよしこちゃんが3ヶ月ぶりに遊びにきてくれました。
3ヶ月前より心も体も、会社的にも成長したナゾブを見せることができたような気がいたしますねー。
早いものでデザイン事務所ナゾブを設立して約半年。
思えばいろいろなことがありましたね。
これからも甲子園目指してがんばりまっす。
| ただの日記 | 19:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
RIC終わりました
リックアートカプセルやりました。
いろいろ主動でやってくれました藤井さん島谷さん、ほんとうにおつかれさまでした。
1年ぶりのイベントは懐かしい顔ぶれにも出会うこともでき、また新しくなにか広がりそうな予感をお土産に、無事終了いたしましたとサ。

今回はストリングラフィーという楽器を作ったのだけれど、子供にはデリケートすぎたようで、3時間ほどであっけなく破壊されてしまいました。トホホ。
まー触ってくれた子供たちはもれなく喜んでくれていたのではないでしょうか。

主催のiopのみなさま、小磯記念美術館のみなさま、ボランティアの方々、ありがとうございました。
一年ぶりの国府さん、菱川さんをはじめとした出展者のみなさん、またなんか一緒にできたらいいですねー。
リック
| ただの日記 | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) |
<< | 2/5PAGES | >>