MEMBER'S BLOG
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
Heart and Crime
Heart and Crime (JUGEMレビュー »)
Julie Doiron
男前ですね。女性かもしれませんが。
RECOMMEND
Secrets
Secrets (JUGEMレビュー »)
HERBIE HANCOCK
夏ですね
RECOMMEND
RECOMMEND
全曲集
全曲集 (JUGEMレビュー »)
梶芽衣子, 伊藤俊也, 菊池俊輔, 小池一雄, 竜崎孝路, 阿久悠, 吉田旺
あんまり売ってないみたいです。
<< 盆栽 | main | ザ・ザリガニ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新企画「フィンガーキャップアートの世界」
フィンガーキャップ1いきなりですが始まります「フィンガーキャップアートの世界」

思い起こせば2年前、南森町の100均ショップで私はこの指サックと遭遇しました。
およそ文具とは思えない不安感を煽るトゲトゲ。魔物でも吸い込まんとするかのように大胆にくりぬかれた穴。そして大仏様のような慈悲深い緑色の物体。
このただならぬ容姿のオブジェクトが、透明の小袋に入れられて、文具コーナーに平然と吊されている…。私とこの指サックとの出会いは衝撃的なものでした。
とにかく「変だ!」「事件だ!」「逮捕だ!」と思った2秒後には、「これは○○するべきだ!!」という(誰からの依頼でもない勝手な、さらに「○○するべき」という曖昧な)「使命感」が生まれてしまい、本来の使用目的とは関係なく、とにかく購入したわけです。

衝動買いであったため、やはり本来の使用目的に添う形での活躍は、私の手元では見られませんでした。

「これは○○するべきだ!!」の「○○」が分からないまま月日は流れ、2年経ったある日、しかも最近閃きました。「これで何か作ろう」と…。

「○○」の範囲はこれでかなり絞られた気がします。「じゃあ何を作るんだ?」という疑問はさておき、とりあえず色々作って公開していきます。

興味を持って頂いた方、どうぞお付き合いの程よろしくお願い致します〜。


| フィンガーキャップアートの世界 | 04:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 04:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nazobu.jugem.jp/trackback/22
トラックバック